HOME > オススメ書籍 > 奈良民俗紀行~西大和編
あをによし文庫
2013/06/01

奈良民俗紀行~西大和編

オススメ書籍

民俗学者が歩いて見た西大和の魅力

著者は長年奈良県の民俗文化財の調査・保護に携わってきた、県立民俗博物館の鹿谷勲氏。「奈良盆地の西隅、河も道も人も集まる三郷・王寺・斑鳩・河合・上牧の辺りは、新しい住まいと古くからの村落の光景が混在している。そうした土地を歩くことは、不思議な魅力に満ちている。」

―人をぐるぐる巻きにする綱祭りや、お湯と鈴を使った巫女のお祓い、文化祭の出し物のような地蔵盆等、西大和周辺で繰り広げられる六十以上のエピソードが、「つどう」「いのる」「はぐくむ」「ひびく」などのキーワードで丹念に語られます。
本書を片手に西大和を歩いてみると、ときに形を変えながらも連綿と受け継がれている行事や、住み慣れた町の知らなかった魅力がきっと見つかるはずです。

B6サイズ、252頁

btn_to_order02.jpg


────────────────────────────────

他社で購入する

assocbtn_orange_amazon1.png

lpaca_books4.jpg 7and-i.jpg

logo_tsutaya.jpg

MandJ.jpg


kinokuniya.jpg

mibon-book-logo2.png

Facebookで更新情報をチェック!

関連記事