HOME > オススメ書籍 > 高取・町家の雛物語
奈良ガイド
2015/03/03

高取・町家の雛物語

オススメ書籍

<色紙に綴られた家族のエピソード>

 日本三大山城のひとつ、「高取城」の城下町で古い町並みが残る「土佐街道」では毎年3月の1か月間、住宅や商店など約100軒の玄関や座敷に雛人形を飾る「町家の雛めぐり」が催される。
 主催は「天の川実行委員会」(野村幸治代表)という住民団体。高齢者中心の地元ボランティアがそれを支え、毎年5万人近い来訪者がある。なかでも、色紙に雛人形にまつわる家族のエピソードを綴った「雛物語」は、家人と来訪者が対話する大切なツールである。本書では2014年3月の「雛物語」全編や、様々なエピソードを収めた。
 筆者は、エッセイストもりきあや、奈良女子大学OGの研究者3名、早稲田大学生 大井聡子、野村代表、神野武美、「私の雛物語」投稿者、そして何よりも「雛物語」を書いた住民のみなさんである。

A5サイズ、カラーカバー 口絵8ページカラー 160頁

btn_to_order02.jpg



他社で購入する

lpaca_books4.jpg 7and-i.jpg

logo_tsutaya.jpg

MandJ.jpg

kinokuniya.jpg

mibon-book-logo2.png


 

Facebookで更新情報をチェック!